黒魔術師は実在する!?秘境スポットの紹介

黒魔術師は実在する!?秘境スポットの紹介

シキホール島には、さまざまな黒魔術がありますがその中でも有名なのが、ボロボロです。この呪術は、小さな黒石をコップの中に入れて25センチほどの大きさの竹ストローで息を吹き込みながら、身体の悪い箇所をさすっていきます。
身体の悪い箇所を通り過ぎるたびに、コップの中の水が段々と変色していき沈殿物で溢れてきます。これを数回繰り返すと、水が濁らなくなり身体の悪い箇所が治るというものです。この黒魔術は島民たちの間で広く知られており、彼らはこの黒魔術によって身体の悪い箇所を日常的に直してもらっているそうです。

【シキホール島の魅力とスポット】

そんな黒魔術師が住むシキホール島は、豊かな自然と島民たちの優しい笑顔が魅力の小島です。島自体が小さく、複雑な道もないため、バイクをレンタルしたりトライシクルを借りてあちこち観光スポットをまわることが出来ます。また、シキホール島の一番のスポットが、樹齢400年以上といわれるマングローブの木です。細い枝と枝が幾重にも絡み合い、枝葉が伸びて、実に荘厳な景観を作っています。そのふもとには、どこからともなく湧く泉があり、黒魔術師たちはその水を使用しているとも言われています。

黒魔術師は実在する!?秘境スポットの紹介

【黒魔術の一例】

シキホール島には、さまざまな黒魔術がありますがその中でも有名なのが、ボロボロです。この呪術は、小さな黒石をコップの中に入れて25センチほどの大きさの竹ストローで息を吹き込みながら、身体の悪い箇所をさすっていきます。
身体の悪い箇所を通り過ぎるたびに、コップの中の水が段々と変色していき沈殿物で溢れてきます。これを数回繰り返すと、水が濁らなくなり身体の悪い箇所が治るというものです。この黒魔術は島民たちの間で広く知られており、彼らはこの黒魔術によって身体の悪い箇所を日常的に直してもらっているそうです。

【まとめ】

シキホール島は昔から黒魔術師の島とも呼ばれており、現在においてもフィリピン人に恐れられています。そんなシキホール島は、今もなお黒魔術師が存在するスポットとして人気を集めています。